日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >NMB48とメルマガ読者が一緒にAED講習を受講!!

NMB48とメルマガ読者が一緒にAED講習を受講!!

2012.12.04

12月3日にNMB48と一緒にAED(自動体外式除細動器)の使い方を学ぶ講習会を実施しました。

講習会には、NMB48から山本彩さんと矢倉楓子さんの2人とメルマガ読者から抽選で選ばれた52名が参加しました。

この講習会は、若者をはじめとした多くの方々にAEDや心肺蘇生に関心をもってもらおうと開催しているもので、今まで東京・名古屋・博多で開催し、大阪が最後の開催となりました。

(写真左:AEDの講習会に参加した山本さん(左)と矢倉さん(右))

最初に大阪府支部の救急法指導員が心肺蘇生の方法やAEDの使い方についてデモを行いました。

NMB48の2人も受講者も真剣な眼差しで、デモを見ていました。

その後、実際に胸骨の圧迫とAEDの使い方を体験しました。

特に胸骨圧迫では、2人とも「すごく体力がいって大変」と言っていました。

(写真右:日赤指導員の指導のもとでAEDの使い方を学ぶ山本さんと矢倉さん)

最後に山本さんは、「高校生の時に体験して以来で心配でしたが、指導員さんとAED音声案内がちゃんと教えてくれたので、大丈夫でした!多くの人に講習を受けてほしい」。矢倉さんは「今日学んだこと体験を今後そういう場面に遭遇したら生かしたい」と話していました。

大阪府支部では、心肺蘇生やAEDの使い方が学べる救急法の講習会を定期的に開催しています。

ぜひみなさまも一度受講してみてください。

(写真左:救急法の受講を呼びかける山本さんと矢倉さん)

 

一覧に戻る
ページの先頭に戻る