日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >阪南市立尾崎小学校 お別れ会

阪南市立尾崎小学校 お別れ会

2013.03.06

 平成25年3月2日(土)に青少年赤十字加盟校である阪南市立尾崎小学校において、

 阪南市立福島小学校(青少年赤十字加盟校)との統合および校地移転を控えた学校創立139周年行事として「お別れの会」が開催されました。

 同校の児童・保護者に加えて、卒業生や同校に縁のある地域の方々が多数参加されました。

 教室や廊下において、写真や資料の展示などで同校の歴史と伝統に触れることができ、たくさんの方々が懐かしい思いで眺められていました。

 また、体育館では在校生から一芸披露があり、運動場では輪投げ・バルーンアート

など交流の時間を設けられていました。

 この交流の時間に6年生が募金活動をしました。

 募金活動の実施に至った経緯は、6年生が日ごろから取り組むボランティア活動がきっかけです。 

 6年生は「ちょボラ」という名称で、自分たちができることを少しずつやってきました。(ポスター作製、アルミ缶収集、校内清掃、野菜栽培、読み聞かせ、募金活動など)

 『東日本大震災の被災地へ義援金を送ろう。募金活動をしたい。』という声があがり(気づき)、自分たちに何ができるかアイデアを出し合った結果(考え)、被災地のために「お別れの会」の日に募金活動をやろう(実行)ということになりました。

 6年生は、青少年赤十字の態度目標である「気づき、考え、実行する」を実践しました。

 限られた時間でしたが、6年生の熱い気持ちが来校者に伝わり、たくさんの方からご協力いただきました。

 閉会のセレモニーにおいて、東日本大震災義援金として受付いたしました。

 

 

 青少年赤十字は、児童・生徒が日常生活の中での実践活動を通じて、いのちと健康を大切に、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人々との友好親善の精神を育成することを目的として、様々な活動を学校教育の中で展開しています。

 

青少年赤十字については、下記URLをご覧ください。

http://www.osaka.jrc.or.jp/active/spread.html

 

お預かりしました義援金は、全額を被災された方々へお届けいたします。

東日本大震災義援金の受付状況(大阪府支部)については、下記URLをご覧ください。

http://www.osaka.jrc.or.jp/donate/index.php?page=1&act=detail&id=14

一覧に戻る
ページの先頭に戻る