日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >阿倍野に新たな献血ルームがオープン

阿倍野に新たな献血ルームがオープン

2013.04.05

平成25年4月3日(水)、阿倍野に新たな献血ルーム『あべの献血ルームKiZooNa(きっずーな)』が誕生し、開所式が行われました。

あべの献血ルームKiZooNaは、今まで阿倍野地区にあったあべのフェスタ献血ルームが新たに生まれ変わったものです。

献血ルームの名前である「KiZooNa」は、「絆」という意味以外にも「Ki=木・大樹」、「Zoo=動物・動物園」、「Na=菜・仲間・仲良し」といった意味が込められており、生物の多様性を象徴する自然と地域の特性をとりこみ多種多様な生物の命がこの場所でひとつにつながるという思いが込められています。(写真上:あべの献血ルームKiZooNa)

開所式には、日本赤十字社大阪府支部の泉事務局長をはじめ、大阪府赤十字血液センターの神前所長、行政機関、ライオンズクラブなど関係者約100人が出席しました。

神前所長は、「献血に来られた方に大自然の中にいるような空間と時間を提供し、命の繋がりを身近に感じていただける場所として、さらには赤十字の情報発信基地として開かれた献血ルームにしていきたい」と挨拶しました。

(写真右:テープカットをしています)

開所式の後には内覧会が行われ、来場者は高い天井、大型ガラスウィンドウの開放的な空間に動物のジオラマなど、あべのらしい癒しが演出された献血ルームを興味深そうに眺めていました。

日本赤十字社大阪府支部と大阪府赤十字血液センターは、今後とも連携し、献血者の確保に努めてまいります。

阿倍野地区にお出かけの際は、ぜひお立ち寄りいただき、献血にご協力をお願いいたします。

(写真左:内覧会では興味深そうに献血ルームを眺めていました)

一覧に戻る
ページの先頭に戻る