日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >しあわせの花が届きました

しあわせの花が届きました

2014.06.17

6月11日、大阪赤十字病院と高槻赤十字病院にてANA(全日本空輸株式会社)グルーブから「すずらんのしおり」が寄贈されました。

ANAグループによるすずらんの寄贈は、昭和31年、当時の日本赤十字社名誉副総裁高松宮殿下のご提案により、日赤中央病院(現・日赤医療センター)への慰問に際し始まり、今年で59回を迎えます。

しおりは、患者さんに、しあわせの花すずらんを感じていただき、すずらんの香りを楽しんでもらえるようにと、ANAグループ社員の方々が約2万枚を手作りで作成しました。

(写真左:スズランの鉢植が病院に届けられました)

大阪赤十字病院には、3人の客室乗務員が来院され、玄関ホールで贈呈式を行い、スズランの鉢植が病院に届けられました。その後、客室乗務員のみなさんは、外来の患者さんや産科病棟の患者さんお一人お一人に笑顔でしおりをプレゼントしました。

客室乗務員が「今日はみなさんに幸せが届くように、花言葉が「しあわせ」のすずらんのしおりを持ってきました」とプレゼントすると、患者さんは笑顔になり、「すずらんのいい香りがして、癒されます」や「かわいいしおりですね」といった声が聞かれました。

(写真右:笑顔とともに幸せを届けています)

この日、病院内には「すずらんのしおり」と共にたくさんの幸せが届けられました。

(写真右:患者さんに届けられたすずらんのしおり)

一覧に戻る
ページの先頭に戻る