日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >~空の安全に貢献~ 航空機事故訓練に参加しました

~空の安全に貢献~ 航空機事故訓練に参加しました

2014.10.27

大阪府内の関西国際空港及び大阪国際空港は多数の乗客利用があり、飛行機の年間発着台数は両空港あわせて25万回を超えています。

大阪府支部は10月16日(木)に関西国際空港で、10月23日(木)には大阪国際空港で行われた訓練に、大阪赤十字病院及び高槻赤十字病院の救護班と参加しました。

(写真左:傷病者の位置を確認する救護班)

航空機事故を想定して、実物の飛行機から傷病者が次々と助け出される緊迫した状況で、警察や消防などの関係機関や、DMAT及び医師会等の医療チームと力を合わせて救護活動を展開しました。

 

災害は地震などの自然によるものだけではありません。今後も積極的に救護訓練に参加して経験を積み、あらゆる災害に備えます。

(写真右:傷病者の手当を行う日赤救護班)

一覧に戻る
ページの先頭に戻る