日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >「集団生活を通してリーダーシップを学ぶ」 ~平成27年度大阪府青少年赤十字リーダーシップ総合型トレーニング・センターを開催~

「集団生活を通してリーダーシップを学ぶ」
~平成27年度大阪府青少年赤十字リーダーシップ総合型トレーニング・センターを開催~

2015.08.05

 日本赤十字社大阪府支部は、大阪府立少年自然の家(貝塚市)を会場とし、平成27年7月30日~8月2日にかけて青少年赤十字に加盟いただいている小学校、中学校、高等学校の児童・生徒を対象とした青少年赤十字青少年赤十字リーダーシップ総合型トレーニング・センター(以下「トレセン」という。)を開催しました。

 トレセンは、青少年赤十字の教育プログラムのひとつで、子どもたちが集団の中で状況や役割に応じて、あるときはリーダーとなり、あるときは協力者の立場をとることができるように「リーダーシップの取り方を学ぶこと」を目指しています。

 このため、プログラム期間中は、リーダーとして必要な自主・自律の精神を身に付けるとともに、集団の中で互いに助けあうために生活行動の約束を掲げています。たとえば、合図のない生活(5分前行動)、注意深い生活(掲示板の利用)、他の人のために自分をいかす生活(ボランタリー・サービスの実践)などがあります。

 また、トレセンの運営においては、府内の学校で青少年赤十字をご担当いただいている先生方がスタッフとして参加しており、学校教育と密接なかかわりをもちながら進められています。

 今年度のトレセン修了者は全体で94人、スタッフとしてご参加いただいた先生は52人となりました。

 

(写真は上から)

○掲示板に記載された情報を確認する子どもたち

○けがの手当の方法を学ぶ中学生(健康安全プログラム)

○グループで力をあわせて課題に取り組む小学生(フィールドワーク)

 

青少年赤十字については、下記URLをご覧ください。

http://www.osaka.jrc.or.jp/active/spread.html

一覧に戻る
ページの先頭に戻る