日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >第1回赤十字水上安全法救助員Ⅰ養成講習を開催しました

第1回赤十字水上安全法救助員Ⅰ養成講習を開催しました

2016.05.23

 5月に入り気温の高い日が続く中、水の事故が増える夏本番を前に、第1回赤十字水上安全法救助員Ⅰ養成講習を八幡屋スポーツパークセンター大阪プール(以下、「大阪プール」という。)で開催しました。


 今回の講習には22人が受講し、溺れている人を発見した時どのように助ければいいのか、また、自身の身の守り方など、水により親しむと同時に、水の事故からいのちを守る大切さを学びました。
 

 受講された方からは、「水に対する理解が深まった」「溺れた人を発見した時でも落ち着いて行動できる自信になった」「万が一の時に役立てると思った」など感想が聞かれました。


 日本赤十字社大阪府支部では、今年3月、赤十字水上安全法講習の普及を目的に、一般財団法人大阪スポーツみどり財団と協定を締結し、今後継続して大阪プールを会場に当講習を開催していきます。
 

 日本赤十字社では、水上安全法のほか救急法救急員養成講習や幼児安全法、健康生活支援講習など様々な講習を開催しております。
 くわしくは、こちらをご覧ください。

https://www.osaka.jrc.or.jp/school/

 

八幡屋スポーツパークセンター大阪プールについてはこちらをご覧ください。
http://www.yahataya-park.jp/osakapool/index.html


写真上:チューブを用いての救助
写真中:水面で溺れている人の救助
写真下:頸椎損傷の事故者を救助

一覧に戻る
ページの先頭に戻る