日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME活動情報一覧 >忠岡町防災訓練に赤十字ボランティアが参加!おいしい炊き出しを召し上がれ!

忠岡町防災訓練に赤十字ボランティアが参加!おいしい炊き出しを召し上がれ!

2017.11.27

 

 

 

 

 11月26日(日)の忠岡町防災訓練では、日赤大阪府支部が地域で進めている「1日赤十字デー」として赤十字防災ボランティアが参加し、炊き出しを行いました。

 今回は「‘17食博覧会・大阪」で岩手県の赤十字奉仕団のみなさんから教わった郷土料理「ひっつみ」を、大阪の防災ボランティアが調理しました。

 「ひっつみ」とは小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、お鍋の中で季節の野菜とともにだしで煮込む料理で、この小麦粉を手でちぎることを方言で「ひっつむ」ということから名づけられました。

 防災ボランティアは前日から大量の野菜や鶏肉を切り、小麦粉を一生懸命こね、準備を進めました。

(写真1、小麦粉をたくさんこねました)

 

 

 当日は忠岡町赤十字奉仕団や事務局の方と協力しながら最後の仕上げを行い、大勢の参加者に振る舞いました。防災ボランティアが心をこめて調理した「ひっつみ」は、「具だくさんでおいしい」、「おなかいっぱいになれる」と、小さい子どもからお年寄りまでみなさんに大好評でした。

(写真2、身もこころもあたたまる炊き出しを召し上がれ)

 この「1日赤十字デー」は、阪南地域の赤十字奉仕団が大釜や食材を提供するなど連携して実現しました。

 ボランティアと地域の方々がクロスし、防災について真剣に学び、おいしい炊き出しで笑顔がたくさんあふれた「1日赤十字デー」となりました。

 (写真3 約350食を提供することができました)


 これからも、防災ボランティア活動を広める「1日赤十字デー」を各地域で行います。みなさんも赤十字ボランティア活動に参加されませんか?

 詳しくはこちら↓

 https://www.osaka.jrc.or.jp/active/squad.html

一覧に戻る
ページの先頭に戻る