日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME新着情報一覧 >青少年赤十字メンバーがSDGsについて研究発表!

青少年赤十字メンバーがSDGsについて研究発表!

2020.01.26

1月26日(日)、令和元年度大阪府青少年赤十字指導者コンベンション※の中で行われるイベントの一つとして、

青少年赤十字メンバーによるSDGs研究発表 ~ミライにつなげ!JRC×SDGs~

を実施しました。

このSDGs研究発表は、「SDGsの17の目標と青少年赤十字の実践目標である「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」を関連付けて研究発表することで、社会の課題に対する青少年赤十字の活動と可能性を広げ、さらにはボランティアや赤十字理念への理解を深めることにより、メンバーの自己肯定感や共感力向上させること」を目的として開催されました。 

当日は、小学校~高校から各1校(高校のみ1校から2テーマ)ずつが発表しました。 

【小学生の部】 阪南市立舞小学校 「アマモから繋がる大阪湾再生」  

【中学生の部】 関西学院千里国際中等部 Global Issues Networkへの参加」  

【高校生の部】 建国高等学校 SDGs主目標の実現に係る建国高等学校生徒会の取り組みに関して」 

                      建国高等学校 「外国人向け防災ガイドブックの作成」 

・ 阪南市立舞小学校は、2019年に大阪で開催されたG20の配偶者プログラムで発表した内容をより充実した内容で発表してくれました。

・ 関西学院千里国際中等部は、これまで学んだ、様々な課題のとらえ方や企業的視点での解決方法などを生かして、フィリピンで開かれたGlobal Issues Networkにおいて世界的な課題に対する解決策を発表したことを発表してくれました。

・ 建国高等学校は、同校の特色である多様性を生かした多文化共生や地域の持続可能性そして多角的な防災力の向上を強く表現する内容を発表しました。 

また、外部より3人のコメンテーターをお招きし、それぞれの発表に対してコメントやアドバイスをいただきました。 

▷ 大阪府政策企画部企画室 副理事   西島  亨  様  

▷ 大阪信用金庫 執行役員CSR推進部長 梅田 充紀 様  

▷ JICA関西 市民参加協力課長 田中 宏幸 様 

発表ごとに、行政、民間そして支援組織の視点からバラエティーに富んだコメントをいただき、最後のまとめの時間では、ご自身の経験や所属している組織のSDGsへの取り組みなども交えてさらに内容の濃いコメントをいただきました。 

最後に、発表に参加された学校の先生からは、学校におけるSDGsへの取り組み状況をご紹介いただき、地域や学校そして教員の間でもまだまだ取り組みへの意識に差があることがわかりました。 

      ~担当者からのメッセージ~

SDGs と、青少年赤十字が目指す健康安全、奉仕、国際理解親善という3つの実践目標は、その目指すべきところが重なり合っており、ふたつともこれからの社会、私たちが暮らす世界になくてはならないものです。 

実は昨年の秋から今年に入りまして、小学校から高校まで校種を問わず学校からSDGs に関連するお問い合わせが増えております。 

「これから実施していくので一緒にやりましょう!」というポジティブな依頼だけではなく、「学校でやらなければならないことが決まったのですが、どうしていいかわからないのでアドバイスをいただけますか?」というような悩みも多く聞かれます。 

前述のとおり、SDGs の目指すものと青少年赤十字の活動とその実践目標は合致しますので、これからもSDGs を通して学校の依頼に応えつつ、SDGs を通してさらに青少年赤十字の普及をさせていただきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます!!!

学校で青少年赤十字の活動をしてみたい!関心がある!という学生の皆さん、先生は下記のリンクへどうぞ♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

一覧に戻る
ページの先頭に戻る