日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >御堂筋kappoで医師・看護師等が巡回しました

御堂筋kappoで医師・看護師等が巡回しました

2011.10.13

 10月9日(日)に大阪の御堂筋で開催された御堂筋kappoに参加しました。

 当日は秋晴れとなり、多くの方々が来場されるなか、日本赤十字社大阪府支部の職員、大阪赤十字病院及び高槻赤十字病院の医師・看護師・事務職員、大阪府支部の機動救助奉仕団(無線技術によるボランティア)の団員が参加し、イベントを裏方として支えました。

 活動内容は、南北2カ所に設営された救護所で、けが人は体調をくずした人を受け入れるとともに無線で連絡を取り合いながら、御堂筋を巡回し、来場者の方々が安全で楽しくイベントにさんかできるように見守っていました。

(写真上:御堂筋を巡回する医師と看護師、機動救助奉仕団)

 

 また、大阪ガスビル前に設置された赤十字の活動紹介ブースには、災害時に配付される救援物資を展示し、多くの方々が足を止めて救援物資を見たり、手に取ったりしていました。展示をご覧になった方からは、「日赤が献血だけでなく災害救護活動もしているということをテレビで知りました。東日本大震災での活動、ご苦労さまでした。」という労いの言葉をかけてくださる方もいらっしゃいました。

 

一覧に戻る
ページの先頭に戻る