日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME新着情報一覧 >令和2年度赤十字防災啓発プログラム講習を開催しました

令和2年度赤十字防災啓発プログラム講習を開催しました

2020.09.07

 日本赤十字社の災害救護活動は、1888年に発生した会津磐梯山噴火に始まり、以後、地震災害、風水害等あらゆる災害に対して、救護活動を展開してまいりました。

 災害が発生した後の救護活動はもとより、災害が起こる前の備えとして、過去の大規模災害の教訓を踏まえ、防災教育・各種講習に力をいれています。

 その講習のひとつとして、9月6日(日)大阪赤十字会館にて「大雨・土砂災害」をテーマに「令和2年度赤十字防災啓発プログラム講習」を実施しました。

 新型コロナウイルス感染予防対策として、3つの密を避けるために例年よりも少人数(午前午後の2回)かつグループワークを取り入れない内容で講習を展開しました。

 また、参加者の皆さまには、健康チェック表の提出、検温、手指消毒、マスクの着用などのご協力をいただきました。

 講義「災害への備え」のあと、読み物を通じて過去の災害を追体験するプログラム「災害エスノグラフィー」を実施しました。

 いざという時に参加者の皆さまが、自分自身や家族のいのちを守り、さらに地域のみんなで助け合うことを学ぶとともに、防災に対する意識の啓発と災害への備えを知っていただけました。

 次回は、令和3年2月に「地震・津波」をテーマに開催します。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る