日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME活動情報一覧 >大阪商業大学で防災の講義を行いました

大阪商業大学で防災の講義を行いました

2011.12.19

12月19日(月)、大阪商業大学 総合経営学部の初谷教授による公共経営論の講義の一環として、「日本赤十字社の災害救護活動」と題した特別講義が行われました。
 この講義は、東日本大震災をはじめ内外の大規模災害に際して第一線で救護活動を行っている日赤の活動を紹介することで、防災について考え、関心を持ってもらう目的で開催されたものです。
 講師は日赤大阪府支部の木村弘之救護係長が務め、学生が約130名受講し、大学のある東大阪市の地域住民からも約30名が聴講されました。
 

 講義内容は、災害についての基本知識や赤十字の活動と役割、そして被災地で活動するにあたっての注意点などを、東日本大震災での救護活動を例にスライドやDVDを使って紹介したもので、受講者は皆真剣に講師の体験談を聴いたり、スライドを見入ったりしていました。また、講義を聴いた地域の方からは、震災後に地域として取り組んだ福島への支援活動について紹介されました。
 日赤大阪府支部の木村救護係長は、「大阪でも大きな地震は必ず起こると言われています。普段から防災に関心を持ち、ひとりひとりが地震を想定した準備を行っておくことが大切です。」と受講者に呼びかけました。

 

当日の様子は大阪商業大学ホームページでも紹介されていますので、

どうぞご覧ください。

 

一覧に戻る
ページの先頭に戻る