日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >裁縫ボランティアが子どもたちにパジャマ等をプレゼント

裁縫ボランティアが子どもたちにパジャマ等をプレゼント

2011.12.22

 裁縫ボランティアは、お手製のパジャマ等を乳児院や老人保健福祉施設に寄贈する活動を行っているグループです。

 

この日訪れた乳児院には、パジャマの他よだれかけや布おむつ、余った生地で作製したぬいぐるみなどをお届しました。

 

  鈴の入っているまりを受け取った子どもは、音が鳴るのが楽しいようで、ずっと鳴らしていました。さかなのぬいぐるみを受け取った赤ちゃんは、興味津々な様子で、にぎったまま目を離しません。まりやぬいぐるみはやわらかく、また洗濯できる素材でできているので、「安心して使える」と好評です。

 施設職員の皆さんとは、「パジャマのサイズはいかがですか、もう少し小さい方がよい、などご要望ありませんか」などの意見交換をして、ニーズを伺います。職員の皆さんは「パジャマはお昼寝のときに活用しています。子どもたちはすぐ汗をかいたり、汚してしまったりするので、こういった寄贈は嬉しいです」と喜んでいただけました。

 

 施設を訪れたボランティアは、「自分たちが裁縫した品で子どもたちが笑顔を見せてくれて、とっても嬉しかったです。また一年、活動する元気がわいてきました」と話していました。

 

 

一覧に戻る
ページの先頭に戻る