日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >3月11日にいちむじん復興応援イベントが開催されました

3月11日にいちむじん復興応援イベントが開催されました

2012.03.13

 東日本大震災が発生して1年となる3月11日(日)に御堂筋献血ルームCrossCaféにて、いちむじん復興応援イベントが開催されました。

 いちむじんは、高知県出身の「宇高靖人&山下俊輔」による新世代クラシックギターデュオで、現在は東京を拠点に全国各地のホールやライブハウスでのコンサートやイベント出演など、積極的に音楽活動をされています。

(写真:ライブの様子(素晴らしい演奏で涙が出そうでした))

 東日本大震災が起こった昨年3月11日には大阪にいらしたというお二人。震災後、自分たちで何かできることはないかを考え、震災直後から各地で復興応援イベントを開催したり、支援物資を現地に届けるなど、積極的に被災地への支援活動をされています。

 いちむじんのライブが始まると、御堂筋献血ルームCrossCaféのイベント広場は心地よいギターの音色に包まれました。NHK大河ドラマ「龍馬伝」紀行のテーマ曲をはじめ、五十鈴川や紫陽花などの曲を演奏してくださり、来場者からは「しっとりとして素晴らしいライブでした。」「癒されて心が落ち着きました。」「贅沢な時間を過ごさせていただきました。」などといった感想が寄せられました。

(写真:ライブにて曲にまつわるお話をされる宇高さん(左))

 いちむじんの山下さんは、「大阪をはじめ西日本から元気を東日本に届けましょう。皆さんにとって震災が起きた本日3月11日が被災地の方を想いやるきっかけになればと思います。私たちも音楽を通じて被災地を応援し続けます。」と力強くおっしゃってくださいました。

(写真:トークで復興応援のメッセージをくださった山下さん(中央))

一覧に戻る
ページの先頭に戻る