日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME採用情報 > 先輩の声

先輩の声

1.業務内容、仕事のやりがい

医事業務課は入院医療費の請求が主な業務です。今回はその一部を紹介させていただきます。
①診療行為のコスト入力
 診療行為を記載したコスト伝票の入力を行います。電子カルテの記録を見て、内容の確認を行います。時には医師や看護師に問い合わせをして、適切にコスト請求ができるように取り組んでいます。
②診療報酬明細書(レセプト)の点検・訂正
 医療費を保険者に請求するために審査支払機関へのレセプトの提出を行います。その内容を点検し、医師にも点検依頼を行います。医師から訂正が出た場合はレセプトの訂正を行ったあと、レセプトを提出します。
③窓口・電話対応
 患者様から入院費の概算の問い合わせや支払いの相談などを行います。ここでも保険や医療費に関する知識が必要です。
日々の取り組みが医療費の請求として、結果になって現れることが特徴だと考えます。自分の取り組みが病院の経営につながることは大きなやりがいになります。
 

 

 

 

2.職場の雰囲気

 医事業務課はレセプトの提出が毎月10日に締め切りがあるため、月末や月初めは忙しさがある部署です。この時期は業務量が通常時より増えるため、課全体が黙々と業務に取り組み、時間を無駄にしないように業務を行っています。そんな忙しさがある中でも相談をしながら業務に取り組むことができることはこの課の良さだと感じています。
 課内の体制としては3つのグループで構成されており、お互いの事をグループ内でカバーしあう環境です。例えばグループのメンバーが有給休暇を取得した際はその分の業務をカバーするようにチームで対応しています。私自身も先輩職員の方から「有給取るから内藤君もどっかで休み取って~」と声をかけていただいたので有給休暇も取りやすい環境でもあると感じています。他にもイレギュラーな対応で業務が進んでいなければグループ内の人が業務をカバーします。もちろんグループ外の人もお互いの事を気遣ったりしてくださるので業務に集中できる環境です。
 

 

3.ある1日の仕事の流れ

8:00  出社。昨日の伝票を各病棟に振り分け。当日退院の患者や一日の予定の確認を行う。
8:30  始業。連絡事項の伝達を受ける。退院患者の請求書の作成を始める。10:00までに請求書をお渡し

    できるように時間に注意して業務を行う。
10:00 無事に退院の請求を行うことができ、一段落。病棟から届けられたコスト伝票の入力を行う。
12:00 お昼休憩。今日は医事課の先輩方と外の定食屋さんへ。音楽の話や旅行の話をしながらリフレッシュ。
12:45 入院患者の登録、処理。病棟から届けられたコスト伝票の入力を行う。
15:00 市役所に患者様の保険についての確認を行う。
16:00 翌日行うDr.との面談の資料の作成。
17:00 業務終了時刻。病棟から届けられたコスト伝票の入力を行ったあと、翌日の予定を確認し、退社。
18:00 他の課の方に誘われ、飲み会に参加。初めて話をする人もいたので仕事の話もしつつ、スポーツや

     ご飯の話で盛り上がる。
 

 

 4.入社を決めた理由

 私が入社を決めた理由は大きく分けて2点あります。1点目は「人道」の考え方に共感したこと。2点目は幅広い分野で人を助けることができると考えたことです。
 1点目は大学時代の経験からです。私は大学時代に赤十字のボランティア団体に所属していました。そこで赤十字という存在に触れ、多くのことを経験させていただきました。そこで人間のいのちと健康、尊厳を守るため、苦痛の予防と軽減に努める「人道」の考え方に強く共感したことは大きなきっかけになりました。今でもその考えを職員として広めていきたいという想いを持っています。
 2点目は、私は医者や看護師のように直接人を助ける行為はできません。それでも“何かあった時に人を助けることのできる立場にいたい”という想いを形にしたいと考えました。だからこそ自分の想いを形にできる日本赤十字社への入社を決めました。
 

 

 5.就職活動生へのメッセージ

  どんなことをしたいか、どんな自分になりたいか。私はそんなことを考えながらの就職活動をしていました。今でも毎日どんなことをするべきか、どんな点を改善しなくてはいけないかなど毎日考えながら仕事をしています。正直に言いますと、毎日毎日自分の足りない部分に気づかされて、大変だと思うことはあります。ただそれを改善できたら一歩一歩自分の目標に近づき、いずれは自分の目標を達成できると考えています。このように考えることが出来るのも就職活動の時から自分の目標を持つことが出来たからだと考えています。社会人として働きだしてからも就職活動の時から持っている想いは自分を支えてくれる大きな力になってくれます。
 自分の目指したいものは何か、どんなことに取り組んで行きたいか。そのようなたくさんのことを考えた結果として、日本赤十字社への就職を希望してくれたらと思います。いずれ職場で出会う日が来るのを楽しみに待っています。
 

一覧に戻る
ページの先頭に戻る