日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME採用情報 > 先輩の声

先輩の声

 

1.業務内容、仕事のやりがい

 私は現在総務課人事係に所属し、主に人事関係の業務を行っています。
具体的には、
① 給与関係事務:人事係の最重要業務です。職員の給与計算からその管理まで、機密情報の取り扱いには常に緊張感を持って行っています。
② 職員採用活動:みなさんがイメージされる、「人事」のお仕事です。院内で随時開催する見学会をはじめ、定例で開いている病院説明会や大学への出前説明会、大規模な合同就職説明会への参加まで、優秀な学生の確保のために飛び回ります。
また、採用試験・面接の準備、インターンシップの学生対応も行います。
③ 出張旅費の計算:毎月150件ほどある職員の出張にかかる費用の算定をしています。
④ 社会保険関係事務:主に雇用保険の手続きを担当しています。
⑤ 福利厚生関係業務:職員に対する産休・育児休業の説明や、結婚・出産などの慶弔事に対する見舞金の給付、永年勤続の表彰にかかる事務などを行っています。
⑥ 患者搬送:当院から転院しなければならなくなった患者様を救急車などで、実際に他院に送り届けています。
⑦ 職員健診事務:年2回700名近い職員に対して行っており、検査のオーダー等の準備から当日の受付、健診後の結果通知まで一貫して担当しています。
⑧ 夜勤業務:24時間365日休むことのない救急外来での夜間の受付業務を月1回程度の頻度で行っています。

やりがいは、たくさんの職員と関わり、その一人ひとりのニーズに応えられたときの「ありがとう」の一言に尽きる、と思います!

 

 

2.職場の雰囲気

  毎月16日が給与の支給日であるため、月初めから16日まではピリピリと緊張感を感じながらの仕事です。お金に関わる業務も多いため、時に厳しいことを言われ、落ち込む事もありますが、周囲の助けに支えられ頑張れる雰囲気が出来ています。また、同じフロアに総務課をはじめ、4つの課があるため、ひっきりなしに職種を問わず職員が行き交い、バタバタとしながらも他部署との連携の取りやすい環境だと感じています。

 

 

3.ある1日の仕事の流れ

7:00  起床。毎朝パンと野菜ジュースです。
8:30  出勤。通勤時間はマイカーで15分ほどです。
     一日の大まかな予定を確認します。
8:40  始業。課内の朝礼でその日の連絡事項の確認をします。
9:00  給与関係以外の事務手続き等。
9:45  看護学生の病院見学会準備。
10:00  見学会開始
12:00  見学会終了。後片付け。
13:00  昼食。職員食堂で出来るだけ野菜を食べます。
13:45  給与関係事務開始(職員の勤怠確認、時間外手当の計算等)。
17:10  終業。事務所の清掃。
17:25  引き続き給与関係事務。
20:00  見切りをつけて終了。デスクの整理。
20:30  退社。
21:00  一人で夕食(独り暮らし、始めました)。
0:00   就寝。
 

 

 

4.入社を決めた理由

 私は大学で4年間にわたり赤十字に関わるボランティア活動を行いました。
人のためになりたい、という思いで活動をしていく中で、学生ボランティアでは出来ることに限界があることを感じました。そこで職員として働くことによりそれを成し遂げたいと感じ、赤十字社を志望するようになりました。就職活動の中でも、「もっとクロスの会」などの説明会や交流会に参加し、職員みんな「赤十字」が好きで、自分たちの仕事に誇りを持って働いているように感じ、私とフィーリングがマッチしたのも志望動機の大きな理由のひとつになりました。
 

 

 

5.就職活動生へのメッセージ

  私と同じように、ボランティアとして赤十字と関わり、赤十字社を志望されている方も多いかと思います。現に私の周りには同じような考えの人がたくさんおられます。赤十字で働くうえで重要なのは、考え(フィーリング)が合うかどうかだと感じます。これまで赤十字と関わったことがあっても無くても、このページを開いたあなたは、赤十字の活動に興味を持ち、理念に共感していただいた、つまり赤十字職員への道を一歩踏み出されたのだと思います。あなたの「赤十字社で働きたい!」というアツい想いをぜひ面接でぶつけてみてください。そんなあなたと一緒に働けることを楽しみにしています。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る